交通事故の人命救助

安全で楽しいカーライフを送るには、交通ルールを守り、安全運転に留意しなければなりません。
また、万が一の事態に備えて、交通事故への対処法や知識についてもきちんと頭に入れておきたいものです。


もしも交通事故に遭った場合ですが、最優先されるべきものは何だと思いますか。
それは人の命です。
交通量の多い、車線の複雑な道路で発生することも多いので、応急処置を施すにあたって、まずは安全な場所に移動する必要があります。
交差点や見通しの悪い坂道やカーブなどを避けて、空き地などの交通量の少ない場所を選びます。
夜間の場合は暗がりを避けて、灯りのある場所を選びましょう。


応急処置の手順ですが、負傷者に呼びかけるなどして、まずは意識の有無を確認してください。
意識があれば安静にして、出血があれば速やかに止血処置をします。
意識がない場合は心肺蘇生法を行います。
この蘇生法について実技で習ってはいても、実際にはやり方を忘れてしまっている人が多いといわれています。
まず大切なのが気道の確保です。
次に呼吸の確認です。
息をしていなければ、ゆっくりと2回息を吹き込み、胸のふくらみを確認します。
吹き込んだ息を逃がさぬように鼻をつまみ、続いて胸部を圧迫します。
これを繰り返してください。
脈がない場合は、合わせて心臓マッサージも行います。
早い段階で周囲に大きな声で呼びかけるなどして、助けを呼んだり、119番通報を行うことも忘れてはなりません。

Copyright © 2014 交通事故の知識を身につける All Rights Reserved.